みやま健二(徳間ジャパンコミュニケーションズ)

能登の灯祭り

能登のキリコ祭りをモチーフに歌って2018年8月29日リリースの等身大楽曲
能登のキリコ祭りをモチーフに歌って2018年8月29日リリースの等身大楽曲

2018年8月29日

能登の灯祭り C/W 「あとの祭りの一人酒」「泪橋(最新ボーカル)」
レーベル:徳間ジャパンコミュニケーションズ


「能登の灯祭り」は能登地方に伝わるキリコ祭りをテーマにした、まつり男の度胸唄。C/Wの「あとの祭りの一人酒」は、人情味はあるものの、いつも一言多くて失敗してしまう女性の泣き笑いのエピソードを、京都を舞台に軽いタッチの演歌に描いています。

「泪橋(最新ボーカル)」は、前作に収録したニューボーカルの「泪橋」をさらに新しく歌入れしなおしたバージョン。みやま健二の代表曲です。

プロフィール

出身地:京都府亀岡市出身。
本 名:石村雅夫

誕生日:4月23日(おうし座)

血液型:O型

趣 味:スポーツ、ドライブ
資 格:剣道4段

レギュラー番組:J:COM 11ch「歌に恋して」(2014年~)

DISCOGRAPHY

2001年

俺のみち(作詞・古賀けん、作曲・美樹克彦)

2007年

泪橋 C/W俺のみち

レーベル: 徳間ジャパンコミュニケーションズ

美山健二の満を持しての再出発作品。プロデューサーに美樹克彦を迎えた意欲作。

 

2014年

俺のいい女(作詞・古賀けん、作曲・松宮有里)

C/W納沙布ざんげ(作詞 / 作曲・松宮有里)

2014年

ふたりの明日 C/W京都恋めぐり 

レーベル:ウェブクウ

レーベル移籍後の初シングル。本作には、同郷で恩師の美樹克彦が作詞・作曲・プロデュースした芸能生活60周年記念第3弾作品で、京都を舞台にした昭和歌謡「京都恋めぐり」を収録している。

2016年8月24日

浜撫子 C/W泪橋

レーベル:徳間ジャパンコミュニケーションズ

本作からみやま健二に改名。故木下龍太郎氏が残された作品で、本邦初リリースの一作。健気な女心を気遣うライトアップテンポの演歌。C/Wの「泪橋(ニューボーカル)」は2007年3月リリースの代表曲に新たに歌入れしなおしたバージョン。